Img_0820c298777d8839f49efdd130820f11
Img_5e9ecbccc9d08c485a55bd64b4cb63da



Every time I make miso, I am impressed by the fermentation world
- the workings of microorganisms and this process of time ,
it is not something that can be handled by human.
Japanese food,
there are many things that make use of the action of nature- fermentation,wind,sun etc
Making miso makes it possible to feel the fun and the natural goodness.

In the workshop,
I would like to introduce Miso and beautiful japanese food culture. I hope you enjoy it.
I am looking forward to being able to meet everyone, Berlin.

Lastly, thank you for giving me this opportunity, ryoko and shihoko.



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Miso workshop #03.
with Kagari Nishimoto


Miso is a fermented superfood - a paste made from soybeans, sea salt and koji (a mold starter).
In Japan as the proverb says, miso soup is a medicine for long-life.

Miso has indeed many health benefits: miso is fermented,
which means it contains essential bacteria and with its high dietary fibre
it can improve the digestive system. Fermented products,
particularly those made of soy like miso,
have been found to lower women’s risk of breast cancer.
It can also help to control estrogen levels in our body.

Miso also contains high amounts of antioxidants and minerals such as zinc,
copper and manganese - it can help to heal wounds and boost
the immune system and protect the body from oxidative damage from
free radicals while improving overall energy levels.
And of course: homemade miso is extremely tasty…!
Miso is not only used for miso soup, but also works great with different cuisines.

In the 2.5 hour workshop with Kagari Nishimoto,
a Tokyo based food specialist visiting us for this special occasion,
we learn about variety of miso, its history and culture,
and of course how to make organic miso.
After making miso together, we will also enjoy three variations of miso cuisine,
which are freshly prepared by Kagari-san! ​ ​


: CONTENTS ​

1. Introduction about Miso
2. 500g of Miso making
3. Miso dips making & degustation
4. Three variations of Miso dishes ​ ​

: DATE

There are two sessions to choose on Sunday 11th March
11:00-13:30
16:30-19:00 ​ ​

: FEE

45 EUR par participant
Including: 19% VAT, all materials, and online payment transaction fee ​

Every participant can take 500g of miso back home.
After the fermentation process at your home,
which takes around 0.5 - 1 year, it will be (finally!) time to taste your own miso. ​ ​

: WHAT TO BRING ​

- A lidded glass (or ceramic) jar for containing 500g of miso
: please sterilise your jar beforehand!
- A kitchen cloth ​ ​

: ABOUT THE TEACHER ​

Kagari Nishimoto, a Tokyo based food specialist
With essences of each season,
she is focusing on daily foods which can be memorised by five senses.
She teaches authentic Japanese kitchens and food culture as well as
provides catering services for various events and exhibitions. ​
http:// kaonn.com

: ABOUT RYOKO

In Spring 2015, thanks to a combination of factors coming together,
RYOKO was established in Neukölln, an area that has become the home of it’s creators.
Ryoko Hori, coming from the fashion industry, and Daniel Kula, coming from the film industry,
met in Berlin and the partnership was born.
They built on their combined experience,
creating a vision for RYOKO which was heavily influenced by their interests and beliefs.
Since the seed was planted in 2015,
RYOKO has continued to grow and extend it’s roots,
building a network of similarly-minded businesses and becoming a platform for holistically
beneficial knowledge to be shared.

Friedelstraße 11, 12047
Berlin - Neukölln

 (Click!) 
Img_8815a88919e3d82f8b4766cf6da43943
Img_5e4a945c6ea6c2d903da75d23349fcaa


金継ぎをはじめ 7年目
上達の程は さておき
学ぶことができ良かったな、と つくづく思う お稽古です
繕う、なおす 、 とは とても気持ちがよいものですね

久々となります、
簡易継ぎ ワークショップのご案内です

陶芸家でもある、atelier-SARUE 榎本悦子さんにご案内いただきます
金継ぎに触れる、きっかけとして
気軽にぜひ、ご参加ください
※ その他、本コース ー 本漆による金継ぎ教室も開催中です


<こわれてしまった器の簡易継ぎ>

割れたり欠けたりした器を、お裁縫をするように直してみませんか。
金継ぎは、漆を使用した日本独自の伝統的な修理方法です。
この金継ぎを知るきっかけとして、合成塗料や接着剤を使用して
小さな欠け、割れを1日で簡単に直すワークショップです。

日時/ 2/27 火曜日 10:30-12:30
場所/ kaonn 吉祥寺アトリエ ( 吉祥寺駅より徒歩約8分 )
受講代/ ¥3500
持ち物: 筆記用具、エプロンまたは汚れてもいい服装
     小さな欠け、割れのある器 2個程度
( 1日で直せる器の割れや欠けの大きさの目安として )
欠け:2cmぐらいまで
割れ:1、2片程度の破片まで
ひび:10cmぐらい
ガラスや漆器等は不可です。
直すものがない場合の器の提供ができないので、ご相談ください。
講師 / atelier-SARUE 榎本悦子
お申込先 / ateliersarue@gmail.com まで

------------------------------------------------------------------------------------------

atelier-SARUE
国立市谷保にて陶芸によるもの作りと小さな教室を主宰
初心者向けの陶芸教室/石膏型から作る器/金繕い教室 他
主宰・榎本悦子
京都造形芸術大学卒、WINDS陶芸研究所
2003年より東京、京都などで個展や作品展開催
金継ぎ承りとこれまでの教室:
黄色い鳥器店、吉祥寺屋号の会、南大沢カルチャー 等
常設:SAVOIR VIVIRE (六本木)
パブリックコレクション:ヒルトン福岡シーホーク/野村マンションエレベーターホール

Img_7b8aa3844a6130f23deea611b555b57c

この時季の恒例となりました、

hibi・kaonn workshop 〜雪、冬景色 、新しい年〜

白餅花と白汁粉

大正月(1/1)、小正月(1/15)のしつらえとしての、真っ白な餅花を作成します

餅花
福を招くといわれる正月飾り
そのなかでも 餅花は豊作祈願、家内安全の縁起ものとして、
正月・小正月の時期に室内に飾られ
この時季の風物詩となっています
餅花は本来、紅白の餅を柳などの木に飾りつけるのですが
本格的な冬の到来、雪をイメージし、白だけの餅花で 冬景色をかさねます
二十日正月(1/20) まで 長くお愉しみいただける、とても美しい室内飾りです


hibi
白餅花
kaonn
餅花作成後 白汁粉をいただきながら 正月あしらい話など

hibi ⇨  (Click!) 

【日時】 12月16日 土曜日
① 11:00-13:00
② 14:30-16:30  

【場所】 hibi

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-13 3F
0422-20-6228

【参加費】 8,000円 

Workshopのお申し込みについて
 (Click!) ・kaonn-workshop/ まで


皆さまのご参加を 心よりお待ちしております
どうぞよろしくお願いいたします


Img_ff3ded31077dc9d271399fc6a388d138
Img_c46064e758f48f1fa9951078f03d9831

Manon Clouzeau さんの器とお茶会

Kosaji craft さんによる exhibition “ les trois œuvres II ” 会期中、
Manon Clouzeau さんの器で 茶会をひらかせていただきます


儚くもろいManonの色彩
少女が白砂にそっと頬をうずめるような
甘美に匂い立つ午后の茶時間

迎茶 / 茶花湯
茶座 / 五色茶

「茶花」秋冬に満開を迎えるお茶の花
グレープフルーツのようなほろ苦くも甘い香り
肉厚に広がる白い花弁を眺めて宴のはじまりを祝います

「五色茶」発酵度の高い紅茶のような台湾の烏龍茶
自然生態が誇る充実した気の巡りを2種類の点て方で表現します

茶会食 / 鉢盛り - 白 -

Manonの 繊細な色彩をお愉しみいただけるよう 白をテーマとし
旬の食材に 中国茶葉、香辛料など用いた 和のお食事をご用意します

Manonの器より得た、情景を描きながら つくりだした 茶席
冬の午后のひとときに ぜひ お愉しみください


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Manon Clouzeau の器とお茶会
by 月乃音 渡邊乃月 + kaonn にしもとかがり

日時 / 12.6 wed
①12:00の会 → お席満席とさせていただきました (キャンセル待ち受付中)
②15:00の会 → お席満席とさせていただきました (キャンセル待ち受付中)
○ 予約制 (先着順) 11.20 mon より受付開始とさせていただきます
○ 約2時間を予定しております

場所 / fog 2nd floor 東京都世田谷区代田5-35-1 2F

会費 / 7000円

お申込み / info@kaonn.com まで
○ お名前、 参加人数、 ご希望時間の会、ご連絡先 ( 当日つながるお電話番号 )
を添え お申込みください

○キャンセルにつきまして
材料手配準備の都合上、開催日の一週間前までとさせていただきます
何卒ご了承くださいませ


les trois œuvres Ⅱ

wooden objets : Antonis Cardew

bowls : Manon Clouzeau

small animals : Kersti Laanmaa

Presents by kosaji craft

12.5 tue 13:00-18:00
6 wed 12:00-18:00
7 thu 12:00-18:00
8 fri 12:00-16:00

fog 2nd floor
東京都世田谷区代田5-35-1 2F

_______________________

12.9 sat 12:00-19:00
10 sun 12:00-19:00

hibi
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-13 3F

/event
Manon Clouzeau の器とお茶会
by 月乃音 渡邊乃月 + kaonn にしもとかがり
12.6 wed ①12:00 ②15:00 ※予約制
ご予約・詳細は  (Click!) 


Antonis Cardew の器と食事会
by 星谷菜々
12.7 thu ①12:00 ②15:00 ※予約制
ご予約・詳細は  (Click!) 


Antonis Cardew トークショー
12.8 fri 11:00 ※予約制
詳細は、11.20 mon にこちらのjournalにてご案内いたします。
ご予約受付も、同時に開始いたします。

※アントニス・カーデュー氏在廊予定日
12.7 thu ・8 fri ・9 sat ・10 sun

※開催時間・場所が変則的になりますので、日時と場所をよくお確かめの上、
ご来場くださいませ。
event の会場は、すべて下北沢の fog 2nd floor になります
Img_284d9dbf3421b6d89a2c443e9b86c77b
Img_8567ece80cdd3d2e9626c61dfe747468
Img_e3f0f57274b007ef421e13451f64fa5f
Img_883d020713daa86c2bf0367fd2ab02d6
Img_690aeb66248a834aec6620e8ef5abbe1


季節の食卓 2017. 仲秋の会


/ 根菜の吹き寄せ煮
/ 蕎麦の実ごはん
/ 揚げ栗
/ 薬味つくね
/ 寒天と葡萄のコンポート